2019年 12月 13日 (金)

デラロサ獲得に続いて「駆け込みトレード」も? 巨人・緊急補強の可能性は...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   交流戦V逸の巨人に緊急補強の可能性が浮上した。巨人は2019年6月23日、東京ドームで交流戦首位のソフトバンクと対戦し1-5で敗れた。エース菅野智之投手(29)が1回4失点(自責2)で2回もたずにKO。以降、中継ぎ陣が踏ん張るも打線が援護できず、得点は4回の岡本和真内野手(22)のソロ本塁打のみ。7回には5番手・高木京介投手(29)が福田秀平外野手(30)にこの日2本目となるダメ押し本塁打を浴び万事休す。5年ぶり3度目の交流戦優勝を逃した。

   エースの不振と打てない打線。優勝がかかった交流戦最終戦は、巨人が抱える問題が表面化したものだった。中6日で先発のマウンドに上がった菅野は、先頭の福田にソロ本塁打を許すと、続く上林誠知外野手(23)にはフルカウントから四球。3番・内川聖一内野手(36)は3ゴロに打ち取ったが、その後は四球から安打を許し、自滅するような形で失点を重ねた。2回途中、9人の打者に対して43球。屈辱のプロ最短KOとなった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

エース菅野の不振に中継ぎ陣のドタバタ

   開幕からここまで先発ローテーションを守っているのは、山口俊投手(31)とC.C.メルセデス投手(25)のみ。先発陣が次々と2軍での調整を強いられる中、今村信貴投手(25)、桜井俊貴投手(25)がある程度、先発のメドが立ち、新たなローテーション候補として期待される。7月上旬にはドラ1左腕・高橋優貴投手(22)が1軍に復帰する見込みだが、エースの不振は深刻で、菅野が計算できない今、先発の枚数が足りないのが現状だ。

   中継ぎ陣においても不安定な状態が続いている。守護神・中川皓太投手(25)はフル回転の活躍を見せているが、中川の前のイニングを任せる投手を固定しきれずにいる。先発が6イニング持たずに降板した試合の中継ぎ陣のドタバタ感は否めず、21日のソフトバンク戦では6回途中、メルセデスからマウンドを引き継いだ宮國椋丞投手(27)と森福允彦投手(32)がさらに傷口を広げる結果となってしまった。

   巨人は緊急補強の第一弾として、ダイヤモンドバックス3Aのルビー・デラロサ投手(30)を獲得。6月22日にデラロサと合意に至ったことを発表した。デラロサは2015年に先発として14勝をマークした。17年8月に2度目となる右肘の手術を受け、以降は3Aでの生活が続き、主にリリーフのマウンドに上がっている。巨人では中継ぎの柱としてマウンドを任されるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中