2020年 9月 24日 (木)

PayPay×メルペイ×LINE Pay、キャッシュレス3社の「共闘」は吉か凶か

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   セブン-イレブンの各店舗で2019年7月11日~21日、バーコード決済の大手3社による「最大20% 戻ってくる!キャンペーン」が開催される。

   PayPay(ソフトバンク系)、メルペイ(メルカリ系)、LINE Payが参加し、発表によると「決済サービス事業者3社合同による還元キャンペーンは今回が初」だという。横並びでのキャンペーンによって、どんな影響が予想されるか。

  • セブンも「Pay戦争」参入
    セブンも「Pay戦争」参入
  • セブンも「Pay戦争」参入

上限は各社1000円ずつ

   セブンでは7月1日から、QRコード決済に対応する。それに合わせた今回のキャンペーンでは、期間中に3社のコード決済を行うと、それぞれ支払金額の最大20%が還元される。

   PayPayは残高かYahoo!マネーで支払うと20%、Yahoo!JAPANカードは19%のボーナスが付与(翌月20日ごろ)されるが、その他のクレジットカードでは対象外となる。メルペイは、支払翌日に20%分のポイントを付与。コード決済に加えて、iDでの支払いも対象となるが、「本人確認をしておく必要がある。そしてLINE Payは、支払金額の20%のボーナスが、支払後に付与される。

   メルペイが前回行った「70%還元」よりはインパクトに欠けるが、ほか2社は通常キャンペーンと近い。大盤振る舞いをしていたが、付与の仕組みそのものには大きな違いはなさそうだ。なお還元上限額は、各社1000円相当ずつとなっている。

   あわせて、早くも第2弾の合同キャンペーンが、8月12日から実施すると発表されている。内容は追って案内するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中