2019年 12月 8日 (日)

マネジャーも「何の曲ですか?」 柏木由紀が厳選したAKB「隠れた名曲」、あなたはいくつ分かる

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   AKB48の柏木由紀さん(27)がセットリスト(曲順)を考えた「僕の夏が始まる」公演が2019年6月30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で初日を迎え、それに先だって行われたリハーサル(ゲネプロ)が報道関係者に公開された。

   柏木さんは18年に「アイドル修行中」公演をプロデュースしたことがある。今回の公演は、アンコール含めて全16曲で構成されるが、一般的に知名度が高いシングル表題曲は「ポニーテールとシュシュ」(2010年)のみ。大半がアルバムや劇場公演での「隠れた名曲」だ。マネジャーからは「何の曲ですか?」といった声があがり、AKB48グループの知識を問う「センター試験」(18年3月)で400人以上参加したメンバーのうち、ダントツで1位になった総監督の向井地美音さん(21)も、歌詞の暗記に難儀するほどだ。

  • AKB48の柏木由紀さん。選曲にあたって1日に3時間程度かけて過去の楽曲を聴き直し、「通算ではふわっと1か月ぐらい聴いて考えていた」という
    AKB48の柏木由紀さん。選曲にあたって1日に3時間程度かけて過去の楽曲を聴き直し、「通算ではふわっと1か月ぐらい聴いて考えていた」という
  • 16曲中唯一のシングル表題曲が「ポニーテールとシュシュ」(2010年)だ
    16曲中唯一のシングル表題曲が「ポニーテールとシュシュ」(2010年)だ
  • 「僕の夏が始まる」公演には16人が出演した
    「僕の夏が始まる」公演には16人が出演した

10年以上前の劇場公演曲も...

   AKB48グループの楽曲は全部で1000曲以上ある。柏木さんは1日に3時間程度かけて過去の楽曲を聴き直し、「通算ではふわっと1か月ぐらい聴いて考えていた」という。

   1曲目には、シングル「真夏のSounds good !」(2012年)に収録されているカップリング曲「3つの涙」を選んだ。ミュージックビデオでは、一部にしか振り付けがされていなかったため、改めて曲全体に振り付けをした。「脳内パラダイス」(2006年「脳内パラダイス」公演)や「水夫は嵐に夢を見る」(2008年「パジャマドライブ」公演)など、AKB48がブレイクする前の10年以上前の曲もある。柏木さんは

「自分が10代だったころに、曲やダンスの力を使って、すごく成長できた、気分が上がった記憶がすごく残っているので、そういう気分をみんなにも味わってもらったら」

と話し、成功体験を後輩メンバーに共有したい考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中