2019年 7月 19日 (金)

蜷川実花、玉城ティナとなら「心中できる!」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   写真家で映画監督の蜷川実花さん(46)が、自身が監督を務める映画『Diner ダイナー』で起用した女優の玉城ティナさん(21)を絶賛した。

   7月5日公開の『Diner ダイナー』。「殺し屋専用の食堂」が舞台となっており、玉城さんはその食堂でウエートレスとして働くことになったオオバカナコを演じている。

  • 玉城ティナさん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    玉城ティナさん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • 蜷川実花さんがツイッターで公開した動画
    蜷川実花さんがツイッターで公開した動画

メイキング動画で「大好き」

   蜷川さんは2019年7月3日にツイッターを更新し、

「ダイナーヒロイン玉城ティナ」

とコメントし、玉城さんが映るメイキング動画を公開。動画の中に映る玉城さんは「よーいスタート!」の合図に合わせて、カチンコを鳴らし、別のカメラに向かって「大好き」とメッセージ。現場からは「ふぅぅ~」と盛り上げる声が聞かれ、玉城さんは照れ笑いしながら「なんやねん、これは」とツッコミを入れていた。

   そんな玉城さんについて蜷川さんは

「彼女となら心中できる!」

と手放しで絶賛。最後には、

「本当に素晴らしかった!是非観てほしい」

とつづっていた。

   この投稿に蜷川さんのツイッターには、

「玉城さんキュートすぎる!」
「映画早く見たいです!絶対見に行きます」

という声が集まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中