2019年 7月 23日 (火)

焦りが引き起こした?7payの大失敗 スピード感大切だけど...このままでは「キャッシュレス離れ」も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   セブン&アイ・ホールディングス(7&i HD)のコード決済「7pay(セブンペイ)」が、不正利用を受けて、チャージ機能を一時中止した。急遽開かれた会見では、運営側のセキュリティー意識の甘さが露呈し、さらに火に油を注ぐ事態になっている。

   キャッシュレス化の波に乗って、雨後のタケノコのように乱立しているコード決済。サービスに技術が追い付かない原因は、事業者の「焦り」にあるのではないか。

  • 安心感が求められる
    安心感が求められる

生きなかったPayPayの教訓

   7payは2019年7月1日にスタートしたが、当初はアクセス集中で、利用できない状況が続いた。また3日ごろからは、不正利用の報告が続出した。それを受けて、運営会社のセブン・ペイ(東京都千代田区)は4日、小林強社長による会見を開き、不正利用に至るまでの経緯を説明。あわせて、新規登録と、現金を含むチャージを中止すると発表した。

   会見をめぐっては、小林社長が「二段階認証」を知らなかったのではないか、との指摘がなされている。これはIDやパスワードに加えて、SMS(ショートメッセージサービス)などでも認証する仕組み。金融サービスのみならず、広く使われているシステムだが、7payには導入されていなかった。

   二段階認証の件に限らず、セブン・ペイの認識は甘かったとの批判は多い。また、過去の教訓を生かしていないとも声も見られる。ソフトバンク系の「PayPay」は18年12月、最初の20%還元キャンペーンを実施した時に、初日からアクセス集中により障害が起きた。その後に復旧したが、不正利用されたとの報告が続出し、本人認証システム「3Dセキュア」を導入するなどの対応に追われた。7payは、3Dセキュアこそ当初から導入していたが、PayPayと似たようなルートをたどっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中