2019年 12月 9日 (月)

ヒーローショーセクハラ、東映側が関係者「処分」と被害女性に謝罪

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京ドームシティ内の劇場「シアターGロッソ」で上演していたヒーローショーの出演者にセクハラが繰り返されていた問題で、同ショーを制作する東映エージエンシーと東映は2019年7月6日にセクハラの事実を認め、被害女性へも報告と謝罪を行った。

  • 東映エージエンシーHP上に掲載された報告
    東映エージエンシーHP上に掲載された報告

被害女性にも事実認定と謝罪

   シアターGロッソのヒーローショーで司会者を務め、セクハラを告発していた女性は7月6日にツイッターを更新。

「先日、東映様より聞き取り調査があり、事実確認後に現時点での報告と謝罪を頂きました。
まだ最終的な報告ではありませんが、現場の環境改善を約束して頂きました」

と報告し、東映側が事実を認めたことを明らかにした。また東映と東映エージエンシーのホームページには「ヒーローショーの運営におけるSNS上の訴えに関するご報告」が出た。この報告によれば、告発者を含めた関係者からの聞き取り調査の結果、

「当社社員1名のほか委託先の会社に所属するスタッフ等の計6名により、SNS 上での訴えがございましたハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました」

と認めた。そのうえで被害女性に謝罪し、ハラスメントを行ったスタッフに厳正な処分を行うとした。また、セクハラに関与した社員には、今後ヒーローショーの制作に関与させないという。

   東映側はさらに、被害女性の意見を取り入れた上でヒーローショー制作スタッフに対するハラスメント講習の受講を義務付け、制作スタッフが匿名で相談可能な外部窓口の設置や第三者による定期的な聞き取り調査を行うとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中