2019年 11月 23日 (土)

黙り込んでしまう候補者もいるけど... 政見放送って、「撮り直し」はできないの?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   参院選は公示から1週間が経ち、中盤戦を迎えている。そんな中、ある候補が政見放送中、何度も言いよどむ場面が流れ、ネット上でちょっとした注目を集めた。

   「放送事故では?」との指摘も出たが、もちろん生放送ではなく、録画もの(この候補の場合、スタジオ収録)だ。撮影中に演説が途中で失敗した場合、撮り直しはできないのか、できるとすれば何回まで可能なのか。規定について、J-CASTニュースが総務省とNHKに聞いた。

  • 参院選は7月21日に投(開)票が行われる(総務省の参院選特設サイトより)
    参院選は7月21日に投(開)票が行われる(総務省の参院選特設サイトより)

手話担当者はそのまま静止

「政見放送が放送事故?」
「お気の毒なまでにボロボロの放送事故レベル」
「こんなグダグダで中身なくて(略)みたいな内容でもそのまま放送するんだな」

   2019年7月11日朝、関東圏でNHKの政見放送(東京選挙区の一部候補)が流れると、ツイッターにはこんな感想が相次いで寄せられた。80代男性の無所属新人候補の実名に触れた上で、驚きの声をあげたり、気の毒がったりしている。この候補は、

「主に、その、私が主張します...」
「......」
(約14秒後)
「それから道路関係の...(約3秒沈黙)」

と、つまりながら話を続けた。この間、画面向かって左側の手話担当の女性は、両手を体の前で重ねて待機していた。その後も、

「財源は...」
(約5秒後)
「財源は...えー...」
(約8秒後)
「車の販売は...」
(約7秒後)
「販売は...えーっと...(約8秒沈黙)」

と、時おり手元に置いた巻紙状の原稿に目を落として、関係個所を探すような素振りを見せていた。沈黙の間、手話担当者は、手話動作の途中で静止して待機した。候補者は最後半、自身の辛い生い立ちに触れつつ、話の途中で「以上。ありがとうございました」と締めくくった。

   この政見放送内容をうけ、先に紹介したような反応がツイッターに寄せられた。中には、後段の「生い立ち」話を踏まえ、「頑張れ」と応援する人もいた。この候補は、過去の国政選挙にも立候補したことがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中