2019年 9月 17日 (火)

日本ラグビー界の「頭脳」廣瀬俊朗氏、学業との両立で得たものとは?

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

8強「行ける可能性は十分にある」

   一般的に思えば「逆境」だが、それを自らの武器として、4年時には慶大主将となった。余談だが、廣瀬氏と嵐の櫻井翔さんは同じ慶大出身。櫻井さんも小学校時代にラグビーをした経験があり、以前もテレビ番組で共演するなど、プライベートでも交流があるそうだ。

   そんな廣瀬氏は、就職先の東芝でも主将を務め、さらに選出された日本代表でも主将に抜擢された。現在、東芝、日本代表ではリーチ マイケル選手が主将を務めるが、そのリーチ選手の「先輩」ということになる。

   現在は「ラグビーW杯2019日本大会」のアンバサダーとして忙しく活動しているが、日本代表が目標とする「8強」以上について、

「2018年秋もいい試合をしてきたので、行ける可能性は十分にあると思います。ただ、勝ち負けはコントロールできないので、国民の皆さんが『ラグビーっていいね、スポーツっていいね』って感じてくれれば、うれしいです」

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中