2019年 12月 13日 (金)

ラグビー日本代表最多キャップ「98」、41歳で現役...「東芝のキンさん」大野均選手の規格外すぎる生きざま

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

「僕が呼ばれたら」...日本代表はピンチ!?

   そんな大野選手だが、今回の日本代表合宿には召集されなかった。その心の内を聞くと、

「もちろん選手である以上、(代表戦に)出たいという気持ちはあります。でも、現時点のJAPANに僕が呼ばれるとするなら、チームが危機的状況だ...っていうことでしょ」

   あくまで「ケガ人もなく、現戦力で戦いきる」ことを強調した。

監修を務めたラグビー解説書を手にする大野選手
監修を務めたラグビー解説書を手にする大野選手

   また、大野選手は2019年5月発刊の子供向けのラグビー解説書「はじめてのラグビー」(世界文化社、1500円+税)の監修を務めた。ブレイブルーパス府中ジュニアラグビークラブへの指導をカラー写真で解説しているほか、「ひとりじゃ何もできない」「相手の痛みを学べる」「ミスを取り返すチャンスがたくさんある」といった、大野選手の言葉も満載。子供にはもちろん、ラグビーをあまりご存じない親御さんにも分かりやすい書籍だ。

   大学から本チャン外でラグビーを始め、試合や練習に耐えうる屈強な体を作り上げ、41歳になってもグラウンドに立ち、そして未来のラガーマンの礎となる大野選手。「規格外」という言葉では語りつくせないほどの存在である。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中