2020年 9月 25日 (金)

阪神アラフォー躍動するも... 不動の4番、守護神の背信に阪神OB「勢いに水を差してはいけない」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   阪神のアラフォーが躍動している。阪神は2019年7月23日、甲子園でDeNAと対戦し、延長12回6-6で引き分けた。2点リードの7回、先発オネルキ・ガルシア投手(29)が突如乱れて5失点。阪神は8回に2点を挙げて逆転に成功するも9回に1点を返され延長戦へ。両チームそれぞれ8投手をつぎ込んでの総力戦は決着が付かず、6-6の引き分けに終わった。

   先制の機会を演出したのは2人のアラフォーだ。5回、先頭の福留孝介外野手(42)が強烈な1塁ゴロで相手の失策を誘って出塁。1死後、75試合ぶりのスタメンとなった鳥谷敬内野手(38)がライト前に運び、1塁走者の福留は果敢に3塁を狙った。1死1、3塁の好機で梅野隆太郎捕手(28)がスクイズを決めて待望の先制点を獲得。ベテランの奮起に甲子園が沸き上がった。

  • 阪神の本拠地・甲子園球場
    阪神の本拠地・甲子園球場
  • 阪神の本拠地・甲子園球場

崖っぷち鳥谷が守備でもみせた

   6回には1死1塁の場面で糸井嘉男外野手(37)が1塁線を破る2塁打を放ち追加点。逆転を許した直後の7回裏の攻撃では、再び鳥谷がみせた。ジェフリー・マルテ内野手(28)のソロ本塁打に続いて、鳥谷はレフト前に運びこの日、2本目のヒットを記録。このヒットが契機となり4点目をもたらした。守っても鳥谷は2回の守備で、中井大介内野手(29)のあわやセンター前となる打球を横っ飛びでキャッチし、存在感をアピールした。

   投手陣では藤川球児(39)、能見篤史(40)のアラフォーが踏ん張った。延長11回のマウンドに上がった藤川は打者3人に対して17球で仕事を終えた。最終12回のマウンドを任された能見は、2四死球で無死1、2塁のピンチを自ら作るも、1死後、ホセ・ロペス内野手(35)を併殺打に打ち取りゲームセット。無失点リレーで切り抜けた。

   Aクラス死守、そして逆転Vに向けてアラフォーの活躍はチームにとって明るい材料となる一方で不安視されるのが若き主砲・大山悠輔内野手(24)の「勝負弱さ」と守護神ラファエル・ドリス投手(31)の度重なる「背信」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中