2020年 1月 18日 (土)

玉木氏は本当に「変節」したのか? 発言波紋も...参院選前から「憲法の議論を進める」主張

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「秋波を送ってくれてるのは新聞で見たんですけど...」

   安倍氏は参院選が開票された翌日の7月22日の会見で、

「国民民主党の方々の中には、憲法改正について議論すべきだと考えている方々もたくさんいらっしゃると私は思っている」

などと発言している。玉木氏も番組で

「秋波を送ってくれてるのは新聞で見たんですけど...」

と反応。司会者の「一本釣りされちゃうよ?」という指摘には、

「一本釣りしたって意味がない。(自民・二階派入りした)細野(豪志)さんみたいになっちゃうんで...」

と応じながらも、党内で改憲に向けた議論を進め、安倍氏と会談を望む考えを繰り返した。

「組織としてひとつの考えをまとめて、それをきちんと、党と党として、最終的には党首と党首として、きちんと話をさせてもらいたいですね」
「私たちは、憲法議論しっかりやりますから、総理の4項目(編注:(1)自衛隊の明記(2)緊急事態対応(3)合区解消・地方公共団体(4)教育充実)には必ずしも賛成ではありません。ただ、憲法議論は、国の最高法規ですから、やりましょう!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中