2021年 3月 5日 (金)

サントリーは成功、キリンは失敗...
アサヒの「大型買収→豪州事業」の勝算は

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

国内での低迷が続く中、海外に活路求める企業たち

   さて、日本企業による近年の海外企業買収では、武田薬品工業による欧州医薬品大手「シャイアー」(約6.2兆円)や、ソフトバンクグループによる英半導体設計大手「ARMホールディングス」(約3.3兆円)などがあり、今回の買収はこれらに続く規模になる。

   これだけの買収の原資はどうか。アサヒGHDは今回、新株発行などで2000億円程度を調達するほか、一部を資本とみなされるハイブリッド債も2000億円程度発行、残りの資金は銀行借り入れや社債で賄う方針だ。これにより、株数はおよそ8%増える計算で、市場では、株式の希薄化への懸念が出て、買収発表(7月19日)後、最初の取引となった週明け22日のアサヒGHDの株価は一時、前週末比449円(9%)安の4589円と、2カ月ぶりの安値をつけた。発表前の16日の年初来高値5115円からは10.3%安く、その後も4600~4700円台で推移している。

   一方で市場にも、収益への貢献への期待はある。アサヒGHDの2018年12月期の売上高2兆1200億円のうち海外事業が約3割を占め、営業利益の5割弱を海外事業で稼いでおり、今回の買収で、さらに収益を押し上げると見込んでいる。

   ビールの国内市場は少子高齢化などに伴って低迷し、大手のビール類の課税出荷数量は2018年まで14年連続で前年割れ。しかも、利幅が少ない第3のビールが4割を占めて利益をあげにくい構造が定着する中、海外に活路を求めるのは当然のことだ。

   ただ、海外事業は明暗が分かれている。サントリーHDのビーム買収ではウイスキーの販路を世界に広げるのに貢献し、業績を拡大した。一方、キリンHDが2011年に約3000億円で買収したブラジル事業は、景気減速や他社との競争激化で業績不振に陥り、1100億円の損失を計上して売却を余儀なくされた。

   アサヒGHDが豪州で十分な収益を上げられなければ、重い負債を抱え続けることになる。巨額買収は果たして吉と出るか、凶と出るか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中