2019年 11月 23日 (土)

「認証アカ」を乗っ取り→相次ぎ権利侵害 専門家「ツイッター側が管理していないのは問題」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   著作権侵害を繰り返しているとみられるツイッターアカウントに、ツイッター社の「認証バッジ」(認証済みアカウント)が付与されていることが分かった。

   J-CASTニュースによる取材の結果、かつてこのアカウントを使用していた企業が「乗っ取られた」と回答。同社は管理が不十分だったと謝罪したが、専門家はツイッター社にも管理する責任があると主張する。

  • 該当のツイッターアカウント(一部編集)
    該当のツイッターアカウント(一部編集)

フォロワー数1万超も素性不明

   ツイッター社は、著名人など世間の関心を集めるアカウントが本物であるとの目印として、認証バッジを審査のうえ付与している。バッジが与えられると、アカウント名の横に青のチェックマークがつく。

   しかし、不適当とみられるアカウントに認証バッジが付与されていることが分かった。

   「To be continued...」と題されたこのアカウントは2009年5月に開設され、1万5000人以上のフォロワーがいる。現存する最も古い投稿は19年3月で、話題になったツイートやテレビ番組などを転載したり、

「この投稿にいいね&フォローしてくれた人全員フォロー返す」
「Amazonギフトを1万円分を10枚プレゼント!〈応募方法〉•フォロー&リツイートのみ!」

と何かしらの反応やフォローを呼びかけたりする内容が大半だ。

   プロフィール文の記載はなく素性は不明だが、6月14日時点のアカウントを確認すると、ユーザー名やプロフィール画像が現在(8月上旬)とまったく異なる。当時の紹介文では

「とある社長の独り言。ITがメインの日本の経営者です。僕をフォローすると金持ちになれる[講演や仕事依頼はメールください]follow me」

とあり、そのほか、フリーのメールアドレスやまとめサイトのURLが書かれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中