2020年 1月 26日 (日)

妖艶悪女にキャラ変した?田中みな実 「ルパンの娘」熱演に「攻撃力高すぎ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「み~んなのみな実」が成熟した!?

   フリーアナウンサーが本業でありながら、妖艶さをこれでもかと振りまいた田中アナ。「ぶりっ子」キャラの印象も強いだけに、そんな田中アナに違和感を覚えた視聴者もいたかもしれないが、田中アナのこれまでのキャラを考えれば、今回のような挑発的な役柄は、これまでのキャラの正統進化系とも言えるのではないだろうか。

   田中アナは2012年11月、「フライデー」(講談社)のスクープで、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さん(当時29)との真剣交際が報じられた。熱愛報道にファンがどよめく中、11月4日放送の「サンデー・ジャポン」に出演した田中アナは交際について、核心を突く質問をのらりくらりとかわしつつ、「何があっても、みな実はみ~んなのみな実だよ!」とニッコリ。スキャンダルを「ぶりっ子キャラ」で飲み込み、熱愛への追及を振り切ることに成功したのだった。

   あれから7年。田中アナが「ルパンの娘」で見せた「悪女キャラ」は、当時炸裂した「ぶりっ子キャラ」が成熟した結果生まれたキャラなのではないだろうか。だとしたら、今回の出演は、田中アナの今後に大きく資するものだったと言えるだろう。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中