2019年 11月 14日 (木)

ネットで場外乱闘?巨人戦、TVに映ったヤクルト選手の「金ポーズ」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球・東京ヤクルトスワローズの選手が指で作ったジェスチャーをめぐり、SNS上で様々な声が寄せられている。

   ポーズは、2019年8月11日の巨人戦で飛び出した。

  • 試合が行われた東京ドーム
    試合が行われた東京ドーム

「まぁしたくなるよね」

   3回表のヤクルトの攻撃。ノーアウト一塁の場面で青木宣親選手が内野ゴロを打ち、ゲッツーに倒れた。一塁はきわどいタイミングだったが、判定はアウト。すかさずヤクルト・小川淳司監督がリクエストを要求したが、判定は覆らなかった。

   注目を集めているのはその後だ。テレビ中継でベンチ内が映され、選手が指で丸の形を作り、隣の巨人から移籍した選手になにかを尋ね、元巨人の選手がうなずく場面があった。

   ツイッター上では「金ポーズ」という単語が多数書き込まれ、「あれどういう意味?」とジェスチャーに疑問を覚えるファンが相次いだ。

「このカードはあまりにも不可解な判定が多いからしゃーない気もする」
「まぁしたくなるよね金ポーズ。是非はともかくとして」

   これに対して、巨人ファンとみられるツイートも多数。

「お金のジェスチャーして、それが審判買収の意味でだったなら酷い」

などと、反論する声も相次いだ。

   中には、試合中に「金ポーズ」をすること自体を戒める声もあり、 「試合中にベンチであんなことやってたら誤解されて当然だし、そこは注意しないとね」 と様々な意見が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中