2019年 11月 19日 (火)

金正恩氏は「友人」、安倍首相には「特攻隊は酔っていたのか?」 トランプ氏の言いたい放題

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米国のトランプ大統領が2019年8月9日にニューヨーク州で行われた資金集めパーティーで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長について「友人」だと持ち上げる一方で、神風特攻隊について「操縦士は酔っていたかクスリをやっていたのか」とやゆし、韓国の防衛費について「彼らが払わなければならない」と応分の負担を求める考えを示した。

   米国の同盟国であるはずの日本や韓国について否定的な発言を繰り返す一方で、かつてはテロ支援国家に指定されていた北朝鮮を持ち上げるという「逆転現象」が起こっている。

  • 「金正恩氏はトランプ氏と会う時しか笑わない」のは本当か(写真は労働新聞から)
    「金正恩氏はトランプ氏と会う時しか笑わない」のは本当か(写真は労働新聞から)

日本語風のなまりを「真似」しながら

   トランプ氏の発言はニューヨーク・ポスト紙が報じた。総じて日韓をやゆするような発言だ。トランプ氏はパーティーの中で、安倍晋三首相と貿易交渉について会話したことを、日本語風のなまりをつけながら紹介したという。トランプ氏は安倍氏との友情や、父親が神風特攻隊の操縦士だった(外相などを歴任した安倍晋太郎氏。海軍滋賀航空隊に予備生徒として入隊し、特攻隊を志願したことが知られている)ことに感銘を受けたことなどに言及。特攻隊をめぐる安倍氏との会話を紹介した。トランプ氏にとって特攻隊は特異な存在だったようで、安倍氏に「神風特攻隊の操縦士は酔っていたのか、それともクスリをやっていたのか」と疑問をぶつけ、「違う、国を愛していただけだ」と答えたという。

   トランプ氏は安倍氏とのやり取りを振り返りながら、パーティーの聴衆に

「国への愛だけで、片道分のガソリンしか入っていない飛行機で鉄の船に突っ込むことを想像してみてほしい」

と語りかけたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中