2019年 8月 25日 (日)

「死ぬか出るか」 入管ハンストの男性2人、会見で語った心境

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   茨城県牛久市の東日本入国管理センターに長期収容されていた際、ハンガーストライキをしていた外国籍の2人が2019年8月13日、都内で記者会見を開いた。

   2人は身柄を解く仮放免をされたが、東京出入国在留管理局(以下、東京入管)に出頭を命じられている。会見で「怖い」「ごはんも食べられない」などと心境を語った。

涙を流すイラン男性のサファリさん(2019年8月13日編集部撮影)
涙を流すイラン男性のサファリさん(2019年8月13日編集部撮影)

「2週間だけどちゃんと帰ってきてね」

   会見を開いた2人はいずれも、東日本入国管理センターなど出入国在留管理庁の施設に3年超収容されていた。

   イラン国籍のサファリ・ディマン・ヘイダーさん(50)は、テヘラン出身。91年に来日した。16年6月8日に東京入管に収容されたのち、10月7日に東日本入国管理センターに移された。サファリさんは「仮放免をお願いしたが出してもらえず、先が見えない」とハンガーストライキを行った理由を明かす。ハンスト前の6月6日ごろは86キロだった体重は一時、15キロも減少。仮放免された7月31日には、75キロだった。体重は戻っておらず、「逆流性食道炎」、「十二指腸潰瘍の疑い」、「不眠症」などの診断が出ている。

   仮放免された31日、サファリさんは職員に「2週間だけどちゃんと帰ってきてね。逃げないでね」などと言われ、8月14日には入管側から出頭を命じられているという。サファリさんは「もちろん行きます。逃げるつもりもないが、怖くて夜もあまり眠れない」と心境を明かしつつも、涙を流した。仮放免の延長を求めて9日、国を相手に提訴した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中