2019年 8月 25日 (日)

山陽新幹線「計画運休」で想定される影響 帰れない、泊まれない、遊びに行けない...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   台風10号の接近にともない、JR西日本は2019年8月15日の山陽新幹線・新大阪~小倉間の運転を見合わせると、14日午前に発表した。

   災害などによる大幅な遅延、運転見合わせなどを見越して、早い段階で運休を決める「計画運休」は、ここ数年で一般的になっている。では、今回の山陽新幹線運休は、どのような影響を及ぼすのだろうか。

  • 山陽新幹線が運休を決めた
    山陽新幹線が運休を決めた

小倉~博多は1時間に1本に

   気象庁発表(8月14日11時45分)によると、台風10号は11時現在で、種子島の南東約270キロに位置し、北北西に進行している。大きさは「超大型」から「大型」となったが、依然として西日本に多大な被害を及ぼす恐れがある。今後は14日から15日にかけて、九州・四国に接近し上陸。西日本を縦断して、日本海側に抜けると予報されている。

   そんななか、JR西日本は14日11時、山陽新幹線の新大阪~小倉間について、15日は始発から終日、列車の運転を取りやめると発表した。小倉~博多間については、約1時間に1本の運転予定で、詳しい運転計画は今後伝えるとしている。

   また、東海道新幹線を運行するJR東海は14日11時30分、15日は山陽新幹線との直通列車を中心に減便する可能性があると発表。下りは東京発8~16時台、上りは新大阪発10~19時台が対象で、1時間あたり「のぞみ」7本、「ひかり」2本、「こだま」2本。上下で合計60本程度を運休する一方で、16、17日には朝を中心に、「のぞみ」の上り臨時便の運転を検討しているとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中