2021年 6月 22日 (火)

N国・立花氏は「番組で発言させればよいのでは」 識者がMXに勧める理由

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「当社としての対応は現在、検討中です」

   その一方で、「N国面白いと思ってみてたけどここまでくると怖い」「政治家がテレビやラジオに出る人を脅して意見を左右するのはダメでしょう」「手段を選ばないとはいえ、このやり方はない」といった疑問や批判も多い。

   著名人や政治家からも、様々な意見が出ている。

   漫画家の小林よしのりさんは、8月13日のブログで、「『国会議員』という権力者が『一国民』の批判に対して、直接職場に押しかけて、圧力をかけている」として、「マツコデラックスはN党・権力者の言論弾圧に負けるな」と呼びかけた。

   松井一郎大阪市長は、「権力者である国会議員が仕事場に押しかけて実力行使するのはやり過ぎです」とツイッター上で疑問を呈した。

   一方、足立康史衆議院議員(日本維新の会)は、「本件は明らかにマツコデラックスが一線を超えた。逃げずにN国支持者に謝罪すべきだ」とツイートした。

   今回の問題について、TOKYO MX編成部の広報担当者は14日、J-CASTニュースの取材に対し、「当社としての対応は現在、検討中です。マツコ・デラックスさんの降板はありません」と答えた。

   この問題についてツイートした紀藤正樹弁護士は、立花代表を番組に出演させれば解決するのではないかとの見方を取材に示した。

「公党の党首ですので、番組で発言させればよいのでは。その方が視聴率も上がるでしょうし、そもそも、ボタンの掛け違いがあると思います。権限を乱用することへの自制は考えられますが、N国の党首には権限がありません。立花さんのやり方がおかしいという議論は分かりますが、違法性が生じるとまでは言えないでしょう。それなら、デモ行進も許されないことになってしまいます。政治家になっても、市民的自由はあります」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中