2019年 10月 18日 (金)

あなたが「応援する球団」決めたきっかけは? 読者1000人に聞いてみた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   あなたが、応援する球団を決めた理由はなんですか?――J-CASTニュースが読者を対象にアンケートを取ったところ、2019年8月14日までに、1000票を超す票が投じられた。

   きっかけの多くは「地元の球団だったから」「親族の影響」が占めた。アンケート結果をもとに、応援球団を決めたきっかけを探ってみた。

  • あなたが「応援する球団」決めたきっかけは?(画像はイメージ)
    あなたが「応援する球団」決めたきっかけは?(画像はイメージ)

野球にハマったきっかけは「親族の影響」が大きく

   今回のアンケートは編集部が用意した設問に対し、それぞれ当てはまる回答を読者に選んでもらう形で行った(アンケートは現在も続行中。結果はいずれも14日15時時点)。

   「何歳から野球が好きになりましたか?」と尋ねたところ(総投票数1048票)、「~10代」が飛びぬけて多く、全体の84.6%となった。ついで「20代」(7.9%)、「30代」(3.6%)と代を重ねるごとに投票数は減っている。

   「そもそもあなたが野球を好きになったきっかけとは何でしょうか?」(総投票数1056票)と尋ねたところ、「親族の影響」と答えた人が最も多く、25.8%となった。「小さい頃野球をしていたから」(19.8%)、「テレビで見てハマった」(12.2%)が続いて多い結果に。編集部内の記者からも「野球を小学生から始めたから」「親からスポーツを始めろといわれ、実際に始めてから」好きになったという。

「地元の球団だったから」が大きなきっかけに

   「応援球団を決めたきっかけはなんですか?」と尋ねたところ(総投票数1173票)、「地元の球団だったから」と答えた人が最も多く、全体の33.6%に上った。ついで「親族の影響」(18.6%)、「好きな選手がいたから」(13.5%)という結果に。

   編集部内には「3歳くらいの頃、親が取っていた『ヤクルト』に付属されていた優勝ステッカーがおもちゃ箱に貼ってあり、自然と好きになった」というヤクルトファン、「親が愛知県出身だったから」と、中日ドラゴンズファンの記者がいた。

   また「実際に試合をみて魅力があったから」が5.8%あった。編集部内でも、「交流戦で試合を見たとき、ファンの応援の迫力が凄く、魅了され好きになった」というカープファンも。友人に西武ファンが多く、誘われ、ファンクラブに入った記者もいた。特典の入場券をもらい、そこから試合を見るうちに、野球そのものにハマったという。

(J-CASTニュース編集部 井上祐亮)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中