2020年 9月 30日 (水)

巨人V奪回へ快走! 原動力は「影のMVP」にあり

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   巨人の優勝マジック点灯が目前に迫っている。巨人は2019年8月22日現在、2位・広島に6.5ゲーム差、3位DeNAに7ゲーム差を付けて首位を快走。今シーズン、残り試合はあと30で、23日にも優勝マジックが点灯する。常勝軍団の5年ぶりのV奪回がいよいよ現実味を帯びてきた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

MVP最有力は坂本

   第三次原政権1年目のゴールが見えてきた。5月終了時に首位・広島に5.5ゲーム差を付けられ3位に甘んじるも6月の交流戦では3位に食い込み首位の座を奪取。7月中盤から8月序盤に負けが込み、最大10.5ゲーム差あった2位との差が8月4日に0.5ゲームまで縮まったが、8月7日から1分けをはさんで5連勝。14日から8月2度目の5連勝で2位以下を一気に突き放した。

   5年ぶりのリーグ優勝が濃厚となった原巨人。今シーズンを振り返ると、なんといっても最大の功労者は、チームの主将である坂本勇人内野手(30)だろう。113試合全てに出場し、ここまで打率.304、本塁打はキャリアハイの32本。打点もキャリアハイの85点まであと5点に迫っている。打撃だけではなく、試合中にマウンドに駆け寄るシーンが多くみられ、主将としても大きく貢献。チームの精神的支柱としてフル回転している。

   2000年以降、セ・リーグのシーズンMVPは、そのほとんどがリーグ優勝したチームから選出されている。例外だったのが13年のウラディミール・バレンティン(ヤクルト)だ。このシーズンは巨人がリーグ優勝を飾ったが、60本塁打のNPB記録を樹立したバレンティンがMVPに選出された。これ以外はすべて優勝チームから選出されており、今シーズン、巨人が優勝すれば巨人からMVPが選出される可能性が高くなる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中