2019年 12月 6日 (金)

またも「プロテクト」苦しみそうな巨人 FA戦線、今オフの目玉になるのは...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今シーズンも終盤戦に差し掛かった。セ・パ両リーグにおいて激しい優勝争いが繰り広げられるなか、今オフに控えるフリーエージェント(FA)戦線において動きが見え始めた。すでに国内FA権を取得済の選手に対して、早くも引き留めの方針を打ち出す球団も。

   昨オフは、FA権を行使して巨人に移籍した丸佳浩外野手(30)と炭谷銀仁朗捕手(32)らが話題をさらったが、今オフの注目選手は、そしてFA戦線に参戦するチームは果たして...。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

セは野村、会沢 パは益田、鈴木がFAの主役に

   セ・リーグで今オフのFAの目玉になりそうなのが、広島の野村祐輔投手(30)と会沢翼捕手(31)だ。会沢は今年5月に、野村は7月に国内FA権を取得した。両者ともにFA権の行使に関しては現時点で明言を避けているものの、権利行使ならばセ・パ両リーグを巻き込んでの争奪戦は必至だろう。

   一方、パ・リーグで注目されるのは、ロッテの守護神・益田直也投手(29)と鈴木大地内野手(30)だ。今シーズン抑えにまわっている益田は、ここまで47試合に登板し3勝22セーブをマーク。選手会長を務める鈴木は打率.305、14本塁打とキャリアハイの数字をキープしている。ロッテは投打の柱の流出を防ぐべく全力で引き留める方向で、シーズン終了直後に正式に話し合いの場が持たれるとみられる。

   セ・パ両リーグを通じて投手難にあえぐ球団は多く、野村と益田の需要は高いだろう。リーグ3連覇を支えた広島の「頭脳」会沢、内外野の守備をこなしリーダーシップに定評のある鈴木も球界で高い評価を得ている。実績のある4選手ゆえ、年俸は高額で野村、鈴木、益田は1億円プレイヤーで、会沢は9200万円(金額は推定)と、こちらも高額を誇る。

   FA移籍において、高額年俸がひとつのネックになる。複数年契約で年俸が膨れ上がることもあるが、それ以上に球団を悩ますのが人的補償問題だ。4選手がそれぞれFA移籍した場合、いずれも金銭補償もしくは金銭補償プラス人的補償が発生する。球団が人的補償を希望した場合、移籍先球団は28人のプロテクトリストを提出し、このリストから外れた選手が人的補償の対象となる。

「巨人が必要とする選手が多くいる」

   昨オフ、潤沢な資金をたてに大型補強に踏み切った原巨人。5年ぶりのV奪回を目前としながら、今オフは大量リストラに伴う大型補強が見込まれる。FA戦線に参戦する可能性が高い巨人だが、懸念されるのがプロテクトだ。昨オフのFA移籍に伴う人的補償で、長野久義(34)と内海哲也(37)の両ベテランをリストから外し、結果、放出してしまったことに批判が集中した。

   先発で実績のある野村、中継ぎ、抑えの両方で起用可能な益田は、巨人にとって魅力的な投手だ。また、今シーズンは2塁を固定しきれなかったこともあり、鈴木も補強の候補に挙がるだろう。在京球団関係者は「今年のFA市場は、巨人が必要とする選手が多くいる」と前置きした上で次のように続けた。

「投手に関してはどの球団も欲しいところだが、マネーゲームになれば巨人にはかなわない。ただ、巨人は若手が育ってきている状況なので、人的補償を考えれば難しい選択になる。2年連続でベテラン放出となればチームの士気が大きく下がるのは目に見えるが、背に腹は代えられない。今年もまたベテランと若手を天秤にかけざるを得ないでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中