2019年 9月 22日 (日)

公演直前は安くなる! ブロードウェイ流のチケットショップ、日本上陸で何が変わる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米ニューヨークのチケットディスカウントストア「TKTS(ティーケーティーエス)」が2019年8月から日本でもフランチャイズ展開を始める。8月29日、1号店となる渋谷店(東京都渋谷区)が開店し、同日オープニングセレモニーが行われた。

   興行チケットを定価以下の価格で販売する欧米流のチケットシステムは、日本のエンタメ界にどのような効果をもたらすだろうか。

  • 渋谷駅東口、ヒカリエ1階に開店したTKTS渋谷店
    渋谷駅東口、ヒカリエ1階に開店したTKTS渋谷店
  • 当日販売しているチケットは店頭で確認できる。初心者でも気軽に安くチケットを買える
    当日販売しているチケットは店頭で確認できる。初心者でも気軽に安くチケットを買える
  • 運営するロングランプランニングの榑松大剛社長
    運営するロングランプランニングの榑松大剛社長

海外カンパニーの来日公演まで

   TKTSはニューヨークのブロードウェイで、当日を含めた近い公演日のチケットを定価以下で割り引いて販売しているチケットショップである。オンブロードウェイ、オフブロードウェイを問わずチケットを販売し、ニューヨークの舞台エンタメに貢献している。

   米国に限らず、英ロンドン・独ベルリンなど欧米では、公演直前のチケットを定価割れ販売するディスカウントショップが街角に存在して、その都市の演劇文化を支えている。

   日本ではまず8月29日に渋谷店が、9月5日になんば店(大阪市中央区)が開店する。どちらの店舗でもニューヨーク同様に、多様な興行のチケットを当日・翌日のものに限り、定価もしくは定価以下で販売する戦略である。プレイガイドでの定価販売がほとんどで、定価以下での一次流通はほとんど例がなかった日本の興行チケットに一石を投じる形になる。

   ニューヨークのTKTSから公認を得て、日本版TKTSを展開するロングランプランニング(東京都新宿区)の榑松(くれまつ)大剛社長によれば、ミュージカルをメインとしつつ、伝統芸能や小劇場の興行、美術展など多様な興行のチケットを販売する。海外カンパニーの来日公演のような話題の公演もTKTSで購入できる。

「当日・翌日のチケットを自前の劇場以外で販売できるルートが日本にはほとんどありませんでした。欧米と日本の演劇文化の違いは、旅行者がふらりと舞台を見たくなる『タビ中』のニーズを受け止めているかどうかにあります」(榑松社長)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中