2020年 2月 24日 (月)

1回払いが「自動で」リボ払いに クレカ会社のサービス、どんな需要が?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「『リボ払いで』と言いづらいという意見も頂戴しています」

   なぜこうしたサービスを提供しているのか。エムアイカードの担当者は3日、J-CASTニュースの取材に「まずお客様側に、月々の支払いを一定額にしたいという要望があることがベースになっています」としてこう説明する。

「加盟店によっては『1回払い』でしか受けないとか、支払い時に『1回払いでよろしいでしょうか?』と聞くケースもあります。そのような時、本当はリボ払いを希望するお客様が『リボ払いで』と言いづらいという意見も頂戴しています。実際にお客様の利用状況を見ていると、1回払いで買い物をした後、ウェブ上でリボ払いに変更するお客様も少なくありません。そうしたニーズに応える形で、事前に同意のうえでご登録いただいた方に限って、1回払いが自動でリボ払いになるサービスを提供しています」

   同社では「かえられます」というサービスで、買い物後に決済方法を変更することが可能。ウェブや電話から手続きできる。

   また、店頭でリボ払いと「言いづらい」というのは、「個人によるので一概には言えませんが、分割払いやリボ払いと言うのが『恥ずかしい』というような感覚をもつ方もいらっしゃいます。そういう心情もとらえてのサービスとなっています」としている。

   「1回払い」を自動で「リボ払い」にするサービスは、事前登録が必須となっている。担当者は「『あんしんリボ』がどういう仕組みなのかということと、リボ払いなので手数料も必要である旨も説明します。そのうえで同意いただければ登録でき、初めてこのサービスが適用されます」とし、勝手に自動リボ払いにならないことを強調。また、「登録後にお客様から『説明が十分に分かっていなかった』とか、『理解できていなかった』といった申し出があれば、お詫びのうえ手数料の返金などで対応しています」としており、「あくまでお客様の要望・意向にもとづいてサービスを提供することが大前提」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中