2019年 9月 17日 (火)

ペットフードから「サルモネラ菌」、犬15匹死亡で会社謝罪 別商品でも検出の疑い

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「ノースペット」(北海道夕張郡)が製造したペットフードからサルモネラ菌が検出され、15匹の犬が死ぬなど健康被害を招いた一件で、別の商品も汚染されていた疑いがあることが2019年9月3日、分かった。

   同社は、「念のため」、汚染の疑いのある商品の出荷停止を決め、第三者機関に検査を依頼する。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 犬・猫用ササミ姿干し 無塩
    犬・猫用ササミ姿干し 無塩

細菌基準がないペットフード

   ノースペットは9月3日、15匹が死亡するに至った一件について「お詫び」文を公表した。問題があったのは、生協の食材宅配を行う「生活クラブ連合会」(東京都新宿区)が販売していたペットフード「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」。製造はノースペットが手掛ける。

   生活クラブ連合会の8月の発表などによれば、組合員から19年1月、「(同商品から)変な臭いがする」と苦情が来た。その後、68匹の犬や猫に嘔吐や下痢などの症状が出て、うち15匹の犬が死亡した。

   検査の結果、商品からサルモネラ菌や大腸菌群が検出されるも、原料の鶏肉や工場、従業員から菌は見つからなかった。

   ペットフードは食品衛生法の規制対象ではなく、通常は食品扱いされていない。生活クラブでも食品ではなく生活用品と位置付け、細菌基準はなかったが、「生活クラブ自主基準において、ペットフードも加工食品と同等レベルの微生物基準を設定する検討を早急にすすめます」としていた。こうした経緯について、J-CASTニュースは「ペットフードから『サルモネラ菌』、14匹死亡か 食品ではなく『生活用品』扱い」(8月22日配信)で報じていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中