2019年 9月 17日 (火)

DeNA三上、1軍昇格→翌日「即降格」 ラミレス采配にファン疑問

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   DeNAは2019年9月9日、三上朋也投手(30)の出場選手登録を抹消した。三上は8日に1軍に合流し、同日の中日戦に2番手としてマウンドに上がった。4月9日の阪神戦以来、約5カ月ぶりの1軍マウンドとなった三上は、1イニングを投げて3安打3失点。アレックス・ラミレス監督(44)は2軍落ちを決めた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

エスコバー、国吉、石田らも疲労の色が...

   逆転優勝への欠かせないピースのひとつとして期待された三上が、1軍昇格の翌日に降格となった。8日の中日戦では、先発・齋藤俊介(25)の後を受けて6回のマウンドに上がった。先頭の大野雄大投手(30)は空振り三振に打ち取ったものの、その後は制球が定まらず安打と四球を繰り返して3点を失った。

   三上は中継ぎの核として、ここ3年間はフル回転の活躍だった。2016年は59試合、17年は61試合に登板。昨シーズンは65試合に登板し、2年連続で60試合以上の出場を果たした。今シーズンは開幕から5試合に登板したところで右肘の違和感を訴え戦線離脱。5月に右肘のクリーニング手術を受け、8月に2軍のマウンドで実戦に復帰したばかりだった。

   今シーズン、中継ぎ陣の中心にいるのが三嶋一輝(29)とエドウィン・エスコバー(27)だ。三嶋は63試合、エスコバーは三嶋を上回る66試合に登板している。中継ぎを支えていたスペンサー・パットン(31)が試合中に冷蔵庫を素手で強打して右手小指を骨折。中継ぎが1枚欠けた影響は大きく、三嶋、エスコバーをはじめとし、国吉佑樹(27)や石田健大(26)、武藤祐太(30)らに負担がかかっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中