2019年 9月 18日 (水)

「核武装なら米韓同盟不要」「15年で北朝鮮と経済連合」 文在寅氏ブレーン、露メディアに語る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

まずは「ふたつの政治システムとふたつの独立政府を保持」

   文在寅氏は、日本による朝鮮半島統治からの解放を祝う2019年8月15日の「光復節」の式典で、2022年まである任期中に

「光復100周年を迎える2045年までには、平和と統一を実現した『ワン・コリア』として世界の中でそびえ立てるよう、その基盤をしっかりと整えることを約束する」

と述べている。文正仁氏は、この公約について「象徴的な意味を持つ」とした上で、

「ひとつの民族と単一国家を念頭におく『統一』という概念を実現するには時間がかかる」

とも話した。両国の往来を増やして経済を統合し、その後に政治体制を統合すべきだとする考えも披露した。

「北朝鮮との統一の第一段階において韓国政府は『ふたつの国家の中にひとつの民族が存在する』ということに留意し、ふたつの政治システムとふたつの独立政府を保持すると同時に、二国間の協力を強化し、北朝鮮と韓国のヒトとモノの流れの自由な往来を促進させる意図がある。さらに経済統合を通じてEUのように双方の発展を保証し、その後じょじょに両国を『本格的に』統一する」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中