2019年 9月 17日 (火)

台風被災の勝浦市ホテル、大浴場「無料開放」 「日頃お世話になっている地元の力に」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

「こういう時だからこそ...」

   J-CASTニュースの取材に応じた勝浦ホテル三日月の担当者によると、同ホテルは断水こそ起きなかったが9日朝は停電。同日13時ごろに復旧した。同じ勝浦市内でも区画によって復旧具合が異なる。

   大浴場無料開放は10日15時ごろに始め、この日254人が利用した。受け入れ可能人数の関係もあり、対象を勝浦市、大多喜町、御宿町の住民としていたが、取材時点でいすみ市まで範囲を広げた。また、グループの鴨川ホテル三日月でも同じように無料開放しており、10日は約700人が利用したという。

   担当者は「こういう時だからこそ、日ごろお世話になっている地元の方々の力になりたい、みんなで力を合わせたいと思っています。一番は地域の方々です。三日月グループは地域貢献も重視しており、地元あっての三日月です」と開放の経緯を話す。タオル持参については「供給が間に合わず、もしお持ちにならずにお越しいただいて、『タオルがない』となってしまうと困らせてしまいかねません...」と複雑さをのぞかせる。

   なお勝浦ホテル三日月の従業員については、社員寮や家族寮のライフラインが復旧しており、生活するうえで問題はないとしている。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中