2019年 9月 20日 (金)

井上尚弥VSドネア、「10万円チケット」は安い?高い? タイソンに次ぐ高額でも「ほぼ完売」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年11月7日に行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦のチケットがほぼ完売状態にあるという。決勝戦ではモンスター井上尚弥(26)=大橋=と、世界5階級制覇のノニト・ドネア(36)=フィリピン=が激突する。世界中のボクシング関係者からも注目される一戦。試合のゴングまであと2カ月を切り、日本のボクシングファンの期待は高まる一方だ。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

タイソンの来日2戦目リングサイドは15万円

   日本で開催されるボクシングの世界戦において、「モンスター」VS「フィリピンの閃光」は最高峰のものになるだろう。用意された舞台は、最大3万5000人収容可能な日本でも最大級の会場となるさいたまスーパーアリーナだ。試合チケットの最高額は、歴史的一戦にふさわしく10万円の値が付いている。日本開催のボクシング世界戦で最高レベルの高額チケットとなる。

   1988年3月、ヘビー級統一王者マイク・タイソン(米国)が初来日を果たした試合のリングサイドは10万円に設定された。東京ドームのこけら落としとして開催され、タイソンが米国以外で初めて行った試合として世界中の注目を集めた。タイソンは、2年後の90年に再来日してジェームス・ダグラス(米国)と対戦。この時のリングサイドは日本ボクシングの過去最高額となる15万円で売り出された。

   日本人ボクサーが出場した世界戦で、リングサイドのチケットが10万円に設定されたのはごくわずかで、代表的なのは1994年に行われた辰吉丈一郎VS薬師寺保栄の一戦と、2009年の内藤大助VS亀田興毅の世界戦だ。それぞれリングサイドの最高額は10万円で、内藤VS亀田戦の会場は、今回の井上VSドネア戦と同じさいたまスーパーアリーナだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中