2019年 10月 18日 (金)

ドラフト佐々木争奪戦の最新情勢 日ハムが一本釣り?巨人は「軌道修正」も

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球のペナントレースがいよいよ佳境に入った。セ・パ両リーグのペナントの行方に注目が集まる中、2019年度のドラフト会議まであと1か月を切った。今年度のドラフト会議は10月17日に都内ホテルで開催される。

   今年度は、佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)の高校生コンビに加えて、即戦力として期待される森下暢仁(明大)の3投手に指名が集まることが予想され、各球団の動向に注目が集まる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

日ハムは1位指名公言、残るは地元楽天、ソフトバンク、巨人

   今年度のドラフト会議の注目度ナンバーワンといえば、間違いなく163キロ右腕・佐々木だろう。日本のプロ野球全球団のスカウトが、佐々木が登板する試合を視察し、MLBのスカウトも現地視察を行った。佐々木が登板する試合にスカウトあり。夏の甲子園出場こそ逃したものの、佐々木の注目度は相変わらずで、「佐々木フィーバー」は留まるところを知らない。

   最速163キロの右腕のポテンシャルは未知数で、今後の伸び幅は計り知れないものがある。その一方で、「U-18ベースボールワールドカップ」では身体的な弱さを露呈するなど、プロのマウンドで即戦力として結果を残せるかどうかは疑問符が付く。対照的に奥川は甲子園、U-18でしっかりと結果を残しており、プロのスカウトの評価は依然高く、複数の球団によるドラフト1位指名が予想される。

   現段階で佐々木の1位指名が考えられる球団は、巨人、ソフトバンク、楽天、日ハムの4球団だろう。日ハムは早々と1位指名を公言しており、地元の楽天は1位候補に踏みとどまっている。将来のスター選手を欲する巨人、そして現戦力が充実しているため若手育成に時間と資金をつぎ込むことが可能なソフトバンク。両球団ともに佐々木1位指名の可能性を残している。

日ハムはダルビッシュ、大谷、吉田ら一本釣りの実績も

   この4球団のなかでチーム方針が明確なのが日ハムだ。日ハムの方針はブレず、毎年「その年の一番の選手を獲りにいく」ことを掲げて会議に臨む。過去には、ダルビッシュ有(現カブス)や大谷翔平(現エンゼルス)を単独1位指名で一本釣りした実績を持ち、昨年は吉田輝星投手を外れ1位で「一本釣り」した。各球団の佐々木に対する評価が変動するなかで日ハムの評価は変わらず、佐々木を「今年度ナンバーワン投手」とみている。

   巨人と楽天は、チーム編成的に即戦力投手がほしいところ。巨人はシーズン中のトレードや補強で中継ぎ投手が加入したが、エース菅野智之(29)の不振もあり、シーズン終盤にきて先発投手の層の薄さを露呈。ここにきて即戦力として期待される奥川指名に舵を切る可能性が出てきた。楽天もまた、即戦力投手の補強が最重要課題となっており、地元の未来のスター候補である佐々木を回避し、即戦力投手指名の可能性は十分にある。

   各チームの編成事情を踏まえると、1位指名を公表している日ハムとソフトバンクの一騎打ちの様相も。ソフトバンクはここ数年、ドラフト1位で高卒、大卒、社会人問わずして右の投手を獲得している。長い目で佐々木を育成するという環境面でみれば、戦力と潤沢な資金を誇るソフトバンクが適しているのか。一方の日ハムは、ダルビッシュ有や大谷ら大物高卒ルーキーを育成した実績がある。

   公言通りに日ハムか、それともソフトバンクか。そして地元の楽天がこれに参入するのか。いずれにせよ、佐々木はパ・リーグ球団からの1位指名が濃厚で、今秋のドラフトは目が離せない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中