2019年 10月 22日 (火)

N国とは「あくまで個人の立場」 釈明の玉木代表だが、続編動画ではこんな発言も

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   国民民主党の玉木雄一郎代表が、自らのユーチューブチャンネルのゲストに「NHKから国民を守る党(N国)」の立花孝志党首を招いて対談した動画の続編が2019年9月19日に公開された。

   対談初回の公開直後から、党内外で「本当にあり得ない」という声が上がり、玉木氏は「『党として何か』ということにはつながらない」などと釈明していた。だが、続編では、N国メンバーを念頭に「そういう人たち、うちと協力してやれるなー」とも発言している。改めてN国との距離感が問われることになりそうだ。

  • 国民民主党の玉木雄一郎代表は、N国との関係について「『党として何か』ということにはつながらない」と話している
    国民民主党の玉木雄一郎代表は、N国との関係について「『党として何か』ということにはつながらない」と話している

「『党として何か』ということにはつながらないので」

   対談は全3回。初回が9月13日に公開されると、連合の神津里季生会長が「あり得ない」とツイッターで共演を批判。国民民主の原口一博国対委員長も、神津氏のツイートを引用して「本当にあり得ない」と非難した。

   9月18日の定例会見での玉木氏の説明によると、9月10日に「NHKはぶっこわされる?」と題して公開した関健一郎衆院議員(元NHK)との対談動画を公開したところ、それを見たN国側からコンタクトがあり、立花氏との対談に至った。党内からの批判や、今後のN国との距離感の取り方については

「たまきチャンネル」は私が代表になる前からやっている個人チャンネルなので、あくまで今回も個人の立場でやったもの。『党として何か』ということにはつながらないので、その点はご理解いただきたい」

などと説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中