2020年 11月 29日 (日)

日本人はなぜ「リップル」が好き? 投資家人気の背景と、その将来性は...

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   仮想通貨時価総額のランキングで常にベスト3位に入っているリップル(通貨単位:XRP)。もともと法定通貨の国際送金を円滑にする中間通貨として、設計、開発されたが、日本では思いの外、個人投資家などから高い人気を集めている。

   その背景にはあるのは一体何なのか――。

  • 公式サイトより。XRPは、日本では特に人気が高い
    公式サイトより。XRPは、日本では特に人気が高い
  • 公式サイトより。XRPは、日本では特に人気が高い

人気の背景にSBIなど大企業の支援

   752億2200万円。これは、日本仮想通貨交換業協会がことし7月、会員企業の取引所を対象に実施した調査でわかったXRPの現物取引高(7月単月)だ。約7000億円のビットコインに遠く及ばないものの、イーサリアムなどのメジャーアルトコインを差し置いて、第2位につける。2018年12月末調査と同じ順位であり、XRPの日本における人気は不動に近い。

   XRPの日本での人気は、一過性のブームのようなものではない。高い処理速度などのハイスペックや、企業からの支持・支援など、明確な理由があるからだ。

   とりわけ、手堅い支援を継続しているのはSBIホールディングス(HD)で、同社は、早くから国際送金の革命を目指すリップル社の理念に共鳴し、2016年にパートナーシップを締結。アジアでのXRP普及に向けてSBI Ripple Asiaを設立したほか、リップル社の株式を10%を保有するなど、持続的な支援に努めている。

   SBIHDが手掛けるのは、XRPの普及推進だけではない。リップル社の分散型台帳技術「xCurrent」を活用したスマホ用送金アプリ「マネータップ」の開発を、全国25行の銀行の出資を受けて推進。技術面での支援も揺るぎないものとしている。

   プロダクトの観点から見れば、XRPの可能性が高いのは間違いない。しかし、そうした面で優れているはどの仮想通貨も一緒。現在も続く投機熱は、過去にも理由がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中