2019年 10月 19日 (土)

不自由展への「電凸音声」公開→削除 クレーム当事者、愛知県、法律家...それぞれの見解を聞いた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」での展示中止問題で、クレームなどの音声を愛知県の検証委員会が県のサイト上で公開し、その後削除したことが分かった。

   クレームをしたという人が音声公開にツイッター上で抗議していたが、県側は、削除はこの抗議とは無関係と説明している。

  • 愛知県サイトの削除されたページ
    愛知県サイトの削除されたページ

「そんなこと分からんのか、バカ野郎!」などと罵倒

   3日間で中止になった芸術祭の「表現の不自由展・その後」について審議した「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」(座長・山梨俊夫国立国際美術館長)は、2019年9月17日の第2回会議で、「電凸」(電話で問い合わせる行為)と呼ばれるクレームなどの音声を一部流した。会議のユーチューブ動画は、県のサイトにもアップされた。

   そして、26日ごろになって、「あいちトリエンナーレ2019に寄せられたご意見等」として、7つの音声が個別にアップされた。

   これに対し、県などにクレームを入れたという男性が28日、自らの抗議電話の一部音声が許可なく県のサイトで公開されたとして、ツイッターで異議を申し立てた。

   この音声を聞くと、慰安婦を象徴する「平和の少女像」について、「これからも展示するつもりか?」と問いただし、芸術祭実行委の担当者が検討中だと答えると、「相当無神経な奴だ、お前たちは!」「そんなこと分からんのか、バカ野郎!」などと芸術祭実行委の担当者を罵倒している様子が分かる。

   電話は、不自由展がまだ開催中だった8月2日ごろにかけたという。男性は、「かなり荒い言葉遣い」とツイッターで認め、反省しているとしたうえで、「職員ののらりくらりな対応にも一因」があったと主張した。ツイッターは、30日夕現在は非公開になっている。

   男性は30日、J-CASTニュースの取材に対し、少女像のことしか録音は公開されなかったとし、「私は昭和天皇の御真影を燃やしている事を主に抗議しました」「音声公開は、処理を施せば良いと思いますが、公開の告知がなかった事と、フルバージョンを公開しなかった事は、問題だと考えます」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中