2020年 1月 28日 (火)

子ども目線で「虐待」体験 VR動画を見ると...迫りくる「親」に恐怖した

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「実際に起きている虐待事件は、こんなものでは体験できない」が...

   動画公開後、メールなどをもらうこともあったという。「直接、虐待防止の活動をしている個人の方や積極的にしている方からメールを頂いたり、『本当にうれしかったです』みたいなメッセージを頂いたりしています」と明かした。今後については、「虐待問題に関する知見は正直、専門ではないですし、そういった(専門家の)方にも直接会ってお話を聞くなどして、今後の活動に役立てていきたい」と触れた。

   西江氏は、「(横浜の事件も含め)実際に起きている虐待事件は、こんなものでは体験できない、本当に悲惨なものだと思う」としつつも、狙いの1つである「気づき」に触れた上で、「意識を高めて気づかせやすくするところがある」などと語り、VRという形を選んだ理由として次のように述べた。

   「一番は自分が体験することだと思っている。『客観』ではなく、自分が体験することで植え付けられる意識は大きい。そういった意味でVRは最適だったかなと思っています」

   動画コンテンツの趣意書は、同社の公式サイトから閲覧できる。。動画再生は、HMDである「Oculus Go」推奨だが、スマートフォンでも可だという。

   今回公開されたのはテスト版だが、完成版の動画公開は、予定していない。西江氏は、「ある程度(動画に対する)反応を見て慎重に、ということを考えています」としている。

(J-CASTニュース編集部 田中美知生)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中