2021年 9月 21日 (火)

はるやまの「家事は妻が...」動画に批判 「配慮欠いた」と謝罪、非公開に

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

はるやまの見解は...

   はるやま商事は7日、批判を受けて「ご覧頂いた皆様へ配慮の欠けた演出となり、不快な思いをおかけしました事を深くお詫び申し上げます」とツイッターで謝罪し、「今後は、発信する情報・表現については、より一層注意し、今後の宣伝活動に活かして参ります」とする。

   同社広報に(1)具体的にどの演出が配慮を欠いていたか(2)具体的な再発防止策――などを尋ねたが、ツイッターで説明は尽くしたとして「コメントは控えさせていただく」との回答だった。

   企業や自治体の広告をめぐっては、女性像・男性像の描かれ方が議論を呼び、取り下げや謝罪に追い込まれるケースが相次いでいる。こうした現象は、専門家やメディアの間で「ジェンダー炎上」と呼ばれる。

   頻発する背景の一つには、セクハラ被害を訴える「#MeToo」運動や「ポリティカル・コレクトネス(政治的・社会的に公正な表現)」の広がりを機に、性差別への意識が高まった状況がある。

(J-CASTニュース編集部 谷本陵)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中