2019年 12月 12日 (木)

司令塔・田村優選手が受け取った「弁当のパス」 ラグビー恩師が語った豪放エピソード

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ラグビーW杯2019日本大会」で、ロシア、アイルランド、サモアを撃破した日本代表は、3連勝で「勝ち点14」とし、プールAの暫定首位に立った。スコットランド戦(2019年10月13日、横浜国際競技場)で引き分け以上なら、悲願の「ベスト8」達成となる。

   そんな中で、チームを牽引(けんいん)するのが、不動の司令塔「背番号10」の田村優選手だ。J-CASTニュースでは、その素顔を知る国学院栃木高の吉岡肇(はじめ)監督に話を聞いた。

  • 教え子の田村優選手について熱く語る国学院栃木高の吉岡肇監督
    教え子の田村優選手について熱く語る国学院栃木高の吉岡肇監督

「オレと親父が同級生でさ...同じラグビー部で」

   吉岡監督は、国学院久我山高(東京)、リコー(現トップリーグ)、そして日本体育大(日体大)を経て、現在は国学院栃木高のラグビー部監督を務めている。若き頃、父親を亡くし、家計を助けるために1度は就職した。しかし「自分のラグビーチームを作りたい」という思いで、日体大に入学。今は、国学院栃木高の体育教師として教鞭を執っている。

   ところで、田村選手は愛知県出身。なぜ、栃木に来たのか? 吉岡監督は、

「オレと優の親父(田村誠さん)が、高校ラグビー部の同期でね。それで、オレが教員になったから『お前のところで、預かってくれないか?』って、話になったんだよ」

   だが、預かるにも、住む部屋がない。吉岡監督は田村選手を預かる前、一念発起し、自宅の脇に「ラグビー学生寮」を作った。そこに、田村選手を預かることになったのだそうだ。

「金? いくらかかったかな(笑)。でも、チームを強くしたいという思いと、日本のラグビー発展のために建てた。2階建てで、部屋は8室。1部屋2人で生活できていたから、毎年、16人を育てることができた」

   何とも、男気溢れる熱血先生である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中