2019年 12月 15日 (日)

菅直人氏「四国遍路に行っていただきたい」 国民・玉木氏、「案内します」と毒舌

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

    国民民主党の玉木雄一郎代表が2019年10月9日の定例会見で、菅直人元首相(立憲民主党最高顧問)に露骨に不快感を示す場面があった。

   菅氏はツイッターで、関西電力労組出身で、国民民主所属の浜野喜史参院議員が参院経済産業委員会の理事に決まったことを問題視。「国民の期待を裏切る人事は撤回すべきです」などと要求。玉木氏は、野党統一会派にとって「マイナスになることは謹んでいただきたい」としながら、「なにか迷いがあれば、是非四国遍路に行っていただきたい」と話し、「煩悩」を断ち切ることを勧めた。

  • 定例会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表。菅直人元首相のツイートに不快感を示した
    定例会見に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表。菅直人元首相のツイートに不快感を示した

統一会派結成の「経緯」にも反論

菅氏のツイートは10月8日付。浜野氏の人事について知って「びっくりしました」としたうえで、浜野氏について

「自分の出身会社である関電問題を鋭く追及できるのでしょうか」
「関電経営者の証人喚問の要求すら本気でやれるとは思えません」

と資質を疑問視。撤回を要求した。

一連のツイートについて、玉木氏は

「様々な違いを乗り越えながら、大きな固まりになっていこうということで、党首間で合意して、衆参で統一会派を組んでいくと決めたわけだから、そういった動きにプラスになることは、ぜひやっていただきたいと思うが、マイナスになることは謹んでいただきたい」

などと不快感を示し、「お遍路」発言を付け加えた。

「あのー、菅元総理ですから、なにか迷いがあれば、是非四国遍路に行っていただきたいなと思います。案内しますので」

   菅氏は04年7月、自らの年金未納問題をきっかけに四国霊場八十八箇所の遍路を始め、13年9月に88番札所の大窪寺(香川・さぬき市)に到着、足かけ9年で結願を果たしている。

    玉木氏は、菅氏のツイートの様々な部分に反論を展開した。「鋭く追及できるのでしょうか」という懸念は「まったくご心配ありません。厳しくやります」と一蹴。菅氏のツイートでは、浜野氏の人事が「国民民主党側から参院での共同会派を認める条件」として提示され、「他党は共同会派をまとめるため渋々認めたと聞きました」と主張したが、玉木氏は「会派をともにするという条件であったという認識は全くない」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中