2019年 11月 18日 (月)

市井紗耶香氏に「党ポスト」 立憲人事は次期衆院選への布石なのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   アイドルグループ「モーニング娘。」元メンバーで、2019年7月の参院選比例区に立憲民主党から出馬して落選した市井紗耶香氏(35)が、本格的に政治活動を再開することになりそうだ。

   立憲は19年10月17日の常任幹事会で、市民団体などと一緒に政策立案に取り組む「つながる本部」担当に、市井氏ら3人を選んだ。市井氏のポスト名は「『子ども子育て』担当・コーディネーター」。10月18日に開かれた党会合にも姿を見せ、子育て中の保護者や保育関係者の訴えに熱心に耳を傾けた。次期衆院選で国政に再挑戦するための布石だとの見方も出そうだ。

  • 立憲民主党の会合であいさつする市井紗耶香氏。「『子ども子育て』担当・コーディネーター」を担当する
    立憲民主党の会合であいさつする市井紗耶香氏。「『子ども子育て』担当・コーディネーター」を担当する
  • 会合では枝野幸男代表もメガネ姿であいさつ。市井氏は国会議員と同じ列に座った
    会合では枝野幸男代表もメガネ姿であいさつ。市井氏は国会議員と同じ列に座った

福山幹事長「惜敗された候補者に対して、われわれは責任がある」

   参院選では、市井氏は子育て支援の両立などを訴えたが、落選。1週間後の7月30日に「立憲民主党」の党名が入った名刺の写真つきで

「今回の機会を経て、子育て当事者の方との交流の機会や、今回お世話になった立憲民主党の議員の方々との意見交換は是非継続させていただきたいと考えています」

とツイートし、政治活動を継続する意向を示していた。

   福山哲郎幹事長は10月17日の会見で、市井氏の起用理由を

「4人のお子さんがいらっしゃるとのことで、子育て中で、まさに子育ての問題をずっと主張してこられた」

などと説明。衆院選に向けた「再挑戦」も視野に入れていることをにじませた。

「前回の参院選で『立憲からなら』といって集まってきていただいた候補者、惜敗された候補者に対して、われわれは責任があると思う。彼らの次の選挙に向けた道筋をどうつくるかということについて、やはり、そんなに軽々に決めることがいいとも限らない。本当に政治の道を志す、まだ継続するかを含めて、ご本人を含めて話し合いをしている中で、しかし、一定の役割を担っていただきたい、という思いの中で、今回の役を担っていただくことになった」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中