2019年 12月 7日 (土)

ソフトバンクG、WeWork混乱にどう対応? 5400億円支援報道も...次の一手は

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

支援は行うものの...?

   ウーバーにしても、公開価格が高すぎたとすれば、過大評価だったということになる。もちろん、恣意的に評価しているということはなく、株式全体の市況にも左右されるが、こうしたものは逆回転が始まると、なかなかもりかえせないこともある。

   そうはいっても、例えば中国ネット通販のアリババ集団に12兆円などSBGの保有株式は27兆円になり、アリババの株価は堅調で、これだけで兆円単位の含み益があり、子会社の通信会社ソフトバンク(SB)の株4.7兆円もなお保有し、SB株はこのところ、2018年末の公開価格1500円を回復して、こちらも堅調。「SBGはウィーなどで少々の損をこうむっても、びくともしない」(アナリスト)と評されるゆえんだ。

   これまで、投資先にあまり口出ししないことを旨としてきたSBG。ウィーに対しても、日経新聞(電子版)の17日報道では、5400億円の支援を行う一方、連結子会社とはしない方針だと報じられている。とはいえ、上記の記事でも指摘される通り、こうした姿勢には懸念の声も。孫正義氏の次の一手が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中