2019年 11月 18日 (月)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち トルコvsクルドに巻き込まれたくない大統領への賛否

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「流血の責任はトランプにある」、「トランプがクルド人を見捨てた」――。

   2019年10月6日、トルコによるシリア北部への軍事侵攻が始まると、米国内だけでなく世界中でトランプ大統領に対する非難の声が高まった。日本での報道も同様のトーンだ。

   10月17日に米国のペンス副大統領とトルコのエルドアン大統領が会談し、トルコの軍事作戦の一時停止にこぎつけた時にも、「自分で危機を作り出し、それを解決しようとし、勝利を宣言する」、「自分で火をつけて、911(緊急通報用電話番号)に電話して、自画自賛しているのと同じだ」と民主党支持者らの批判は続いた。

  • トルコのエルドアン大統領と会談後、シリアへの軍事作戦の一時停止に合意したと記者会見する米国のペンス副大統領(右)とポンペオ国務長官(10月17日、アンカラ)=ペンス副大統領のツイッターから
    トルコのエルドアン大統領と会談後、シリアへの軍事作戦の一時停止に合意したと記者会見する米国のペンス副大統領(右)とポンペオ国務長官(10月17日、アンカラ)=ペンス副大統領のツイッターから

「自分で危機を作り、解決しようとし、勝利を宣言」

   クルド人は国家を持たない世界最大の民族集団で、トルコ、シリア、イラン、イラクを中心に中東各地に分散して住んでいる。その数は2500万人とも3000万人ともいわれる。トルコはクルド人勢力の武装組織をテロ集団とみなしている。シリア国内でクルド人が自治を求めて動きを強めれば、トルコのクルド人も触発されると、トルコ政府は危機感を抱いてきた。

   6日、トルコのエルドアン大統領とトランプ氏は電話会談を行った。会談後、ホワイトハウスは声明で、「クルド人勢力が実効支配するシリア北部で、トルコがまもなく軍事作戦を始める」ことを明らかにした。

   その後、シリア北部から米軍が撤収。ホワイトハウスは「この計画に米国は支持も関与もしない」とした。トルコ軍はこれを受け、現地のクルド人勢力排除を目指し、シリア北部への軍事侵攻を開始した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中