2019年 11月 18日 (月)

東京ドームが「アイマス」に染まった日、天海春香が「あのセリフ」を秘めた理由

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年10月19日から20日にかけて、バンダイナムコのゲーム・アニメ音楽のライブイベント「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」(バンナムフェス)が東京ドームで行われた。

   「アイドルマスター(アイマス)」「ラブライブ!サンシャイン!」「アイカツ!」「ワンダーモモ」の4タイトルのキャストが出演し、アイドルゲームの祭典を華やかに盛り上げた。現地を訪れたJ-CASTニュース記者が、2日目(20日)の様子をレポートする。

  • オープニングアクトはアイドルマスター・765プロオールスターズの「READY!!」で開演
    オープニングアクトはアイドルマスター・765プロオールスターズの「READY!!」で開演
  • 「アイカツ!」シリーズからは10曲が歌唱された
    「アイカツ!」シリーズからは10曲が歌唱された
  • 「Guilty Kiss」の出演シーン
    「Guilty Kiss」の出演シーン
  • 1日目に続き4時間越えの公演の最後まで歓声は絶えなかった
    1日目に続き4時間越えの公演の最後まで歓声は絶えなかった

「どんなアイドルが出てくるかわからない構成です!」

   2日目の公演はバンダイナムコが制作してきた女性アイドルゲームの全タイトルのキャストを集めた、いわば、バンダイナムコが制作してきたアイドルコンテンツによるフェスがコンセプトだ。

   オープニングアクトは「アイドルマスター」から「765プロオールスターズ」「シンデレラガールズ」「ミリオンスターズ」が1曲ずつ3曲を歌唱、すると司会の中村繪里子さん(765プロオールスターズ・天海春香役)と松嵜麗さん(シンデレラガールズ・諸星きらり役)から、「(2日目は)どんなアイドルが出てくるかわからない構成です!」との宣言が。アーティスト名を出さずにいきなり楽曲が始まっていく構成で、客席にとっては次に誰が登場するか予想がつかないワクワク感がある。オープニングアクトにアイマスから「シャイニーカラーズ」のユニットが唯一登場しなかったのもその布石だったのだろうか。

   トップバッターの「アイカツ!」から5曲が歌わると、続くはアーティストの桃井はるこさんによる「ワンダーモモ」と「ワンダーモモーイ」だ。1987年、当時のナムコが制作したアイドルゲーム「ワンダーモモ」の主題歌が、かつてこのゲームをプレイしていた桃井さんらにより2005年にリメイクされ「ワンダーモモーイ」となり、ゲーム「太鼓の達人」にまで採用。80年代から現在に至るまでの楽曲が、同じセットリストに載ったところに、アイドルゲームの進化の歴史が垣間見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中