2019年 11月 18日 (月)

永友洋司氏「感謝」、坂田正彰氏「やり切った」...ラグビー界の「レジェンド」に聞くW杯評

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   史上初の「8強」進出を決めたラグビー日本代表だったが、2019年10月20日に行われた南アフリカ代表に「3―26」で敗れ、「4強」進出はかなわなかった。翌21日、記者会見を行ったメンバーも、敗れはしたが皆、清々しい笑顔を見せた。

   J-CASTニュースは、元日本代表SH(スクラムハーフ)で、キヤノン・イーグルス(トップリーグ=TL)現GMの永友洋司氏、同じく元代表HO(フッカー)、サントリー(TL)で元GM坂田正彰氏に話を聞いた。

  • 試合後、円陣を組んでお互いをたたえ合うラグビー日本代表メンバーたち
    試合後、円陣を組んでお互いをたたえ合うラグビー日本代表メンバーたち

文字通り「縁の下の力持ち」長谷川慎コーチの存在

   まず、永友氏は、

「決勝トーナメントに『日本』の名前が入るなんて、本当に感動だよね。選手やスタッフも含め『感謝!』以外の何物でもない」

   続けて坂田氏は、

「やり切ってくれましたよね。(目標に掲げていた)『ベスト8』を達成したんだから。責任は、十分に果たしたんじゃないでしょうか。世界に衝撃を与えられたと思います」

   そんな中で、レジェンドお二方が挙げたのは「セットピース」(スクラムやラインアウト)の安定だった。今大会は「ジャッカル」や「オフロードパス」といったラグビー用語が飛び交っているが、基本は「セット」だという。

   その一翼を担ったのが、FWコーチの長谷川慎(しん)さんだった。

   長谷川コーチは東山高(京都府)―中央大を経てサントリー、そして日本代表へと選出された。ポジションはPR(プロップ=スクラムの最前列)。179センチ、102キロ(現役当時)と、世界レベルで見れば小柄だが、屈強な体で代表を支えてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中