2021年 3月 4日 (木)

永友洋司氏「感謝」、坂田正彰氏「やり切った」...ラグビー界の「レジェンド」に聞くW杯評

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「3、2、1」の関係

   実は長谷川コーチ、サントリーや日本代表時代、お二方と一緒にプレーしていた。サントリーの年次で言うと、永友氏が3年生、長谷川コーチが2年生、坂田氏が1年生...といった関係性となる。

   永友氏は、

「慎が、厳しい合宿の鍛錬で『セット』を安定させてくれたことが大きいよね。『ジャッカル』とか『オフロードパス』という言葉が今大会、よく言われたけど、安定した『セット』がないと、BK(バックス)にも安定したボールが供給できない訳だから」

   スクラムの最前線で長谷川コーチと一緒に戦ってきた坂田氏は、

「スクラム? 何千本、一緒に組んだかなぁ...(笑)。でも慎さんは、本当に繊細で、丁寧な人。それがあってこそ『セットピース』の安定が生まれたんだと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中