2019年 11月 18日 (月)

W杯日本敗退で「ロス」の声あるが... これからもラグビーを楽しむ視点とは

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「ラグビーW杯2019日本大会」において、日本代表は2019年10月20日、南アフリカ代表に「3-26」で敗北、目標だった「8強」には到達したものの、周囲からは「ラグビーロス」との声が、多数、聞かれる。

   しかし、戦いは終わらない。高校ラグビー、全国大学選手権、トップリーグ(TL)、そして女子ラグビー、さらにはパラリンピックのウィルチェアラグビー...。次の「2020東京五輪(7人制)、パラリンピック」や4年後の日本代表(W杯)へ向け、多くの選手が凌ぎを削り合っている。

  • 試合を終え、ピッチ上で円陣を組むラグビー日本代表選手たち
    試合を終え、ピッチ上で円陣を組むラグビー日本代表選手たち

有働アナ「何かなぁ~、次のラグビー、見られないのが寂しい...」

   記者の周りからは、SNSを通じて、

「負けちゃったね、、、でも、すごくかっこよかった!日本代表、お疲れさま!ありがとう!!!って気持ちで、いっぱい!」
「(ラグビーロスだけど)とりあえず、明日を乗り切ることに、お互い頑張りましょう」

といった投稿が寄せられた。

   日本テレビ系のニュース番組「news zero」の10月21日の放送では、プロ野球「阪神ファン」として知られるキャスターの有働由美子氏も、日本代表選手をスタジオに招き、

「何かなぁ~、週末、ラグビーを見られないのが寂しい...」

   同じくキャスターの嵐・櫻井翔さんも、

「今まで見ることができない景色を見られた。ありがとうございました」

と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中