2020年 11月 26日 (木)

チュート徳井の「ルーズでも経費計上」に違和感 加藤浩次も「それをやりながら、というのは...」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   多額の申告漏れや所得隠しが発覚した、人気お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実氏は、謝罪会見から3日後に活動自粛を公表するに至ったが、批判の声は弱まる気配を見せていない。

   自粛発表以降も、テレビの情報番組などで批判的なコメントが相次いでいる。申告漏れ・所得隠しの行為そのものへの厳しい声もさることながら、徳井氏が弁明の際に言及した「自分がルーズだった」という説明に対しても、違和感を表明する人が相次いでいる。

  • 徳井義実氏(2016年7月撮影)
    徳井義実氏(2016年7月撮影)
  • 徳井義実氏(2016年7月撮影)

「自分がどうしようもなくルーズだった」

   徳井氏は2019年10月26日、吉本興業を通じて当面の活動自粛を発表した。国税当局から1億円の申告漏れや2000万円超の所得隠しを指摘されたことが23日に報じられ、その後も新たに、以前にも申告漏れがあったことが明らかになった。23日夜の謝罪会見では、

「自分のだらしなさや怠慢でしっかりと納税をせず...」
「自分がどうしようもなくルーズだった」

などと説明。自身について、「ルーズ」「ルーズさ」と度々言及していた。

   一方で、「ルーズ」との説明に納得しない意見も相次いでいる。今回の徳井氏の自粛発表を受け、日本テレビ系情報番組「スッキリ」(10月28日)で、MCの加藤浩次氏は、徳井氏が自身の「ルーズ」さを強調していたことと、所得隠しに認定された「洋服や旅行について経費計上していた」ことに触れ、

「これもルーズだったら、そんなもの(経費計上請求)出すなよっと思う」

と違和感を口にした。「それをやりながら、というのは...」と続け、納得がいかなそうだった。経費として計上するには、領収書などの書類の管理が必要となる。

   27日放送の情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)でも、タレントの杉村太蔵氏が

「ルーズっていう言葉で逃がしちゃいけない様な気もしますよ。ドバイは所得税、法人税がかからないと5年前に(編注:ラジオで、移住先の候補として)言い切った人がですよ、しかも何度も何度も税務署の申告が入ってですよ...」

と批判していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中