2019年 11月 18日 (月)

原監督の「人的補償」撤廃案、賛同は広がるか? 元パ球団職員は「取る側の論理」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   巨人・原辰徳監督(61)の「人的補償」発言が波紋を広げている。

   原監督は2019年11月4日、フリーエージェント(FA)に伴う人的補償に関して言及した。球界のFA市場活性化を目的として「人的補償はなくす必要がある」と発言。球界の盟主、巨人の指揮官による「提案」に球界をはじめとし、野球ファンから疑問の声が上がっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「単純に資金力の違い...」

   原監督が「セ・リーグDH制導入」に続いて、球界改革案を明かした。原監督が新たに「提案」したのはFAでの人的補償の撤廃だ。原監督の持論では、FA移籍に伴う人的補償の足かせをなくすことで、他球団がFAに参戦しやすくなり、球界全体の活性化につながるというもの。ただ、この発言に首をかしげる関係者もいる。

   パ・リーグの元球団職員は、原監督の「提案」に対して「原監督の意見は持てる者の論理。取る側の論理です」と指摘し、次のように続けた。

   「FAに関して他球団がなぜ巨人のように獲得に積極的でないのか。それは単純に資金力の違いです。人的補償うんぬんは二の次で、FAで選手を獲得するには、A、Bクラスの選手ならば複数年で10億、もしくはそれ以上経費が必要となるケースがあります。そうなるとマネーゲームとなり、資金力のないチームに勝ち目はなく手を挙げる球団が限られてしまいます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中