2019年 11月 15日 (金)

店員が調理中につまみ食いを... 「不衛生」批判の人気クレープ店、運営会社が謝罪

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人気クレープ店「キャラクレ!」で、従業員が不適切な行為を行っていたとして、運営会社の「ファイブアイ」(東京都渋谷区)は2019年11月5日、公式サイトで謝罪した。

   同店をめぐっては、SNS上で「つまみ食い」していたなどとの情報が拡散していた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • コレボクレープの一例(キャラクレ!公式サイトより)
    コレボクレープの一例(キャラクレ!公式サイトより)

「ポッキーを確実に食べていました」

   キャラクレ!は、商業施設「渋谷マルイ」(東京・渋谷区)に展開するクレープ販売店。「キャラクター×クレープ専門店」とうたうように、人気アニメ「イナズマイレブン」「おそ松さん」「弱虫ペダル」などとコラボレーションしてきた。

   老舗クレープチェーン「マリオンクレープ」のプロデュースを受けてメニュー開発を行い、「専門の技術レッスンを受けた"キャラクレ!パティシエ"による提供を行っている」(公式サイトより)という。

   同店が問題視されたのは、客によるツイッターでの「告発」だ。渋谷マルイ店で11月1日夕、注文したクレープを待っていると、調理場の女性従業員が目についた。

「彼女は食材をいくつも食べながらクレープを乗せたり刺したりしていました。はっきり見えたのはクッキーとストロベリーポッキーを確実に食べていました。また明らかに口元に手をやり指を舐めた動作がありました。クレープはその手でそのまま作られました」(ツイートより)

   2日に投稿されたツイートはまたたく間に拡散し、「不衛生すぎる」「営業停止レベルでしょ...」と非難が殺到した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中