2019年 11月 15日 (金)

「早慶戦」「早明戦」チケットが取れない! 大学ラグビーにW杯効果か

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   南アフリカ(南ア)がイングランドを下し、最多タイとなる3度目の優勝を果たした「ラグビーW杯2019日本大会」。日本代表も、目標だった初の8強入りを成し遂げ、日本中が大騒ぎとなった。

   「にわか」とも呼ばれるファンが急増し、J-CASTニュース記者の周囲でも「何だか寂しい...」、「44日間の熱狂が嘘みたい...」といったラグビー「ロス」の声も聞かれる。しかし、そんなことはない。

  • 2018年11月25日、都内ホテルで行われた「早大ラグビー部創部100周年」記念式典での展示
    2018年11月25日、都内ホテルで行われた「早大ラグビー部創部100周年」記念式典での展示

関係者「指定席は完売。自由席も、ほぼ売り切れです」

   記者は早稲田大学ラグビー部出身だが、毎年11月23日に行われる「早慶戦」、同12月第1日曜日に行われる「早明戦」を毎年、楽しみに見に行っている。これまではOB会に電話連絡し、チケットを頼み、当日に受付で現金払い...というのが常だった。例年なら、1カ月ほど前に連絡すれば、指定席を確保できていた。しかし、今年に限っては「指定席は完売。自由席も、ほぼ売り切れです」(早大ラグビー部OB会関係者)というから驚きだ。

   また、パソコンやスマホでラグビー部同期とつながっているが、

「みなさん どなたかチケット4枚ください 高校の同期が欲しがっております」
「俺も2枚欲しい。誰か余りませんか?」

といったコメントも散見される。

   早大ラグビー部OB会でも実態は把握できていないようだが、察するに、これまでラグビーに興味のなかった奥さまやお子さんが「パパ、ラグビーやっていたんでしょ? 見に行きたい!」。本来ならパパ1人で行くところが、W杯に熱狂した家族が「ママ+子ども」という形で、売り上げスピードが加速していったとも考えられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中