2019年 11月 15日 (金)

やはり井上尚弥は「モンスター」だった 「2人のドネア」制した36分間の死闘

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦が2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が、WBA世界バンタム級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=を3-0の判定で破り優勝した。

  • 井上尚弥(2016年撮影)
    井上尚弥(2016年撮影)

戦前は勝負の行方よりも井上のKOに注目が

   12回、試合終了のゴングが鳴らされドネアと抱擁を交わす井上の右目上は、ぱっくりと割れ鼻から出血していた。これほどまでに井上が被弾する姿を戦前、予想していたものは多くはなかっただろう。世界5階級を制した36歳の「フィリピンの閃光」は、盛りを過ぎたレジェンドとの見方が大半を占め、ファンの間では勝負の行方よりも何ラウンドで井上がドネアをKOするかに興味が集まっていた。

   井上は苦戦を強いられた。最大の原因は2回にドネアの左で右目上をカットしたことによるだろう。プロキャリアで初めて顔面をカットし、右目に流れ込む血の影響で2回以降はドネアが2人に見えたという。試合中に右目上をカットすれば、精神的に動揺を与え、当初の戦略を変更せざる得ない状況に追いやれるケースもある。

   試合開始早々の2回に相手のパンチによってカットしたことで、より慎重に戦わなければならなかった。傷口は深く、試合後は5針縫ったという。パンチによるカットなので、傷口が広がり、出血が止まらなければその時点で試合を止められ井上のTKO負けとなる。「2人のドネア」が繰り出す左フック、左ジャブを避け、その上で攻撃する。精神的なストレスは相当なものだっただろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中