2021年 5月 14日 (金)

ガキ使骨折の佐野史郎「そんなこと一言も...」 放送作家に反論、「誤解」の可能性も指摘

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

放送作家は、ツイッターでは佐野氏発言に触れず

    ブログでは、佐野さんは、ラジオで盛って話すのは良くあることとしながらも、「僕が『やる』と言わなければこんな事故は起きなかったのに...というニュアンスには傷つきます」と苦言を呈している。

    一方で、高須さんが伝え聞いた話で誤解している可能性も指摘した。佐野さんは、今回のトラブル後に「大丈夫、大丈夫、次のコーナー、やっちゃいましょう!」と話したとし、「これが、僕が、『もっと思い切ってやりたい!と発言していた』と、高須さんがスタッフから聞いた言葉の真相ではなかったか」とも推理した。

    高須さんは、ラジオ番組に出演したことはツイッター上で報告した。ただ、佐野さんの発言については、11月11日19時現在で何も触れていない。

    日本テレビの広報部にJ-CASTニュースが11日に取材したが、この日は回答が得られなかった。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中